Articles

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ソニー、デジタル一眼「α」初のライブビュー搭載「α350」

    ソニーのデジタル一眼レフに、ついにライブビュー搭載機種「α350」が発表された。

    ライブビューとは「液晶画面で被写体を確認にながら撮影できる機能」のこと。
    コンパクトデジタルカメラでは当たり前の機能だが、一眼レフの場合は光学ファインダーを覗いて撮影するのが一般的だった。
    これを一眼レフのカメラでも実現できるようにしたわけだ!

    α350の場合は、ライブビュー用のイメージセンサーを光学ファインダー上部に設置している。
    ライブビュー時でもミラー位置が光学ファインダー時のほぼ同じになり、TTL位相差検出方式のオートフォーカスセンサーが働く。
    このおかげで、ライブニュー時でも光学ファインダー使用時と同じスピードのオートフォーカスが可能になったのだ!
    iconicon 

    液晶画面の角度は「上に約130°」、「下に約40°」まで角度を変えられるチルト可動式。
    これにより、人混みの先に被写体を高い位置から撮影したり、地面ぎりぎりに咲いている花をローアングルで撮影することが簡単にできるようになった。
    icon

    さらに、「スマートテレコンバーター機能」により、ボタンをワンプッシュすれば、1.4倍と2倍に画像を拡大できる。
    遠くの被写体を撮影するときに威力を発揮しそうだ。

    ここまではライブビューの機能について書いたが、基本性能もしっかりしている。

    撮像素子は有効1420万画素のCCD。これはAPS-Cサイズ(23.5×15.7mm)では現時点で最高級の画素数だ!
    icon

    連写速度は、光学ファインダー使用時に2.5枚/秒、ライブビュー使用時に2枚/秒。
    それほど高速ではないが、通常の撮影で使う分には問題ないレベルだろう。

    従来機種にもあった「ボディ内手ブレ補正機構」もしっかり搭載し、シャッター速度約2.5~3.5段分の補正が可能。
    さらに「ボディ内手ブレ補正機構」を利用した「センサークリーニング機能」も健在だ!

    画像処理エンジンは「BIONZ(ビオンズ)」、撮影シーンに応じて最適な露出と階調表現に自動補正してくれる「Dレンジオプティマイザー」と、α100以降でおなじみの機能が搭載されている。

    そして、α700に搭載された「クリエイティブスタイル」がα350にも搭載される。
    「クリエイティブスタイル」は、”作品作りのための目的にあわせた絵づくり”がレタッチなしでそのまま写せる便利な機能。
    これがあれば、パソコンがなくても思い描いた絵づくりを簡単に行うことが可能なのだ。

    これだけの高機能だが、店頭予想価格は、

    • ボディ単体で9万円前後 
    • DT 18-70mm F3.5-5.6とのズームレンズキットが10万円前後 
    • DT 18-200mm F3.5-6.3との高倍率ズームレンズキットが14万円前後

    とお買い得な価格設定になっている。

    ソニースタイルでのα350のご購入はこちら

    Amazonでのご購入はこちら
    SONY デジタル一眼レフカメラ α350 ボディ DSLR-A350
    SONY デジタル一眼レフカメラレンズキット α350 レンズキット DSLR-A350K
    SONY デジタル一眼レフカメラHズームレンズキット α350 高倍率ズームキット DSLR-A350H

    楽天市場でのα350のご購入はこちら

    関連記事

    スポンサーサイト

    トラックバック一覧

    コメント一覧

    コメント投稿フォーム

    管理者にだけ表示を許可する

    Navigations, etc.

    Navigations

    FC2カウンター

    スポンサーサイト

    • Amazon
    • 楽天市場
    • ビックカメラ
      ビックカメラ.com

    管理者ページ


    FC2Ad

    Template by Yuma's FC2ブログテンプレート

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。