Articles

    X-rite i1Profiler で ディスプレイ ICCプロファイルの保存時に異常終了する場合の対処法

    先日の記事の続きです。

    X-rite i1 DISPLAY PROに付属しているキャリブレーションソフト i1Profiler で ICCプロファイルを保存する際にアプリケーションが異常終了すると書きました。

    エックスライト社に問い合わせたところ、対処方法がわかりました。

    その内容を以下に記載します。

    --

    ご利用のコンピューター環境により、i1Profiler 1.4.x以降で白色点または輝度に「測定」を選択し測定後に「測定値を使用」ボタンで適用すると、プロファイル作成時にソフトウェアが強制終了する場合があります。

    その場合、下記の手順で「測定」機能を利用します。

    【測定値に名前を付けて保存する】
    --------------------------------------------------------------------------
    i1Profilerのホーム画面「ユーザーモード」から「詳細」を選択した際の手順です。

    (1)i1Profilerの白色点(または輝度)の設定で「測定」を選択します。
    (2)「環境光」「比較用ディスプレイ」「観察照明下の用紙測定」から目的の測定方法を選択します。
    (3)機器のキャリブレーションを行います。(i1Proまたはi1Pro2の場合)
    (4)「測定」ボタンをクリックし測定を開始します。
    (5)測定後「測定」ボタン下の「名前を付けて保存」ボタンをクリックします。
    (6)測定値に半角英数字で名前をつけます。
    (7)保存後、白色点(または輝度)の設定で「保存データの使用」と読み込み測定データに(6)で保存したデータが選択されていることを確認します。

    以上の設定後、通常通りの手順でディスプレイのキャリブレーションを実行し ICCプロファイルの作成保存をお試しください。



    関連記事

    スポンサーサイト

    コメント一覧

    コメント投稿フォーム

    管理者にだけ表示を許可する

    Navigations, etc.

    Navigations

    FC2カウンター

    スポンサーサイト

    • Amazon
    • 楽天市場
    • ビックカメラ
      ビックカメラ.com

    管理者ページ


    FC2Ad

    Template by Yuma's FC2ブログテンプレート