Articles

    X-Rite 日本語対応版 X-rite i1 DISPLAY PRO 『並行輸入品』

    X-rite i1 DISPLAY PROは、PCのディスプレイのを測定し、ICCプロファイルを作成することで、色合いを自動的に調整する製品です。

    『並行輸入品』ですが、日本語対応については問題ありません。

    パッケージの箱は英語表記ですが、同梱されているクイックスタートガイドは日本語を含む7ヶ国語対応。
    インストールしたソフト(i1Profiler)は日本語対応でした。

    CD-ROMには“i1Profiler”というディスプレイキャリブレーションソフトが入っています。

    アプリバージョン1.5.0でディスプレイプロファイルを作成したところ、「プロファイルを作成して保存」の段階でアプリケーションが異常終了しました。
    (OSは、Win7 Home Premium SP1 64bitです。)

    x-riteのサポートページで様々なバージョンを順に試したところ、次のような結果でした。

    1.5.0 異常終了
    1.5.6 異常終了
    1.1.1 OK
    1.4.2 異常終了
    1.3.2 OK

    現在は、動作する中で最新の1.3.2を使用しています。

    測定時間はパッチセットサイズに依存しますが、デフォルトの「小」で実行したところ、2分程度で完了しました。

    ノートパソコンの内蔵液晶(VAパネル)と外部液晶(IPSパネル)の色をキャリブレーションした結果、両者の色合いは完全に一致しないまでも、かなり近くなりました。

    過度な期待は禁物ですが、色調整を手動で行うのは大変ですので、比較的簡単に自動化することができて良かったです。

    関連記事

    スポンサーサイト

    Navigations, etc.

    Navigations

    FC2カウンター

    スポンサーサイト

    • Amazon
    • 楽天市場
    • ビックカメラ
      ビックカメラ.com

    管理者ページ


    FC2Ad

    Template by Yuma's FC2ブログテンプレート